知る・楽しむ

Mutenkaコラム

【テーマ:美容】
寒暖差や乾燥で肌が負けそうになっていませんか?
~秋から冬へ、季節の変わり目のスキンケアを~

朝晩の冷え込みが強くなるこの季節は、寒暖差によって体の不調が起こりやすくなり、その影響が肌に出ることがあります。また空気の乾燥も本格化していきます。そこで、秋から冬に向けた季節の変わり目のスキンケア方法をご紹介します。


この時期は、朝晩の冷え込みが一気に強まり、気温の変化の大きさで肌のバリア機能が低下しがちになります。そのため、肌の水分が逃げやすく、うるおい不足による乾燥や肌のごわつき、化粧のりの悪さなどの不調を感じることもあります。


冬に向かってますます乾燥が進むことを考えると、この時期に対策をしておかないと肌荒れが加速する可能性もあります。


秋から冬にかけてのスキンケアは、肌のバリア機能を整えることがポイント。まずは、正しい洗顔としっかりした保湿が基本になります。敏感になっている肌は、優しい洗顔料を使って、こすらず泡で洗いましょう。


「カウブランド無添加洗顔フォーム」は、クリーミーな泡立ちでお肌に負担をかけずにすっきり洗い上げるのでおすすめです。デリケートな肌のために防腐剤やアルコールなども無添加です。


保湿に関しては、油分よりも水分補給が先決。とろみのあるリッチな化粧水を少量つけるよりも、さっぱりした浸透しやすい化粧水をたっぷりとつけるのがいいようです。化粧水は手のひらで温め、肌に押し付けるようにしてなじませ、もっちり吸い付くようになったらOK。


化粧水のあとは、乳液などでフタをします。皮脂が多い部分は軽めに、また乾燥している部分は重ねづけするのがコツ。クリームはポイント使いするとよいでしょう。


食生活もポイントのひとつです。食事をバランスよく摂ることがこの季節の肌のためには必須になります。肌の乾燥には、とくに皮膚や粘膜のうるおいをキープするビタミンAをはじめ、新陳代謝を促すビタミンB、血行を促進するビタミンEなどを積極的に摂りましょう。


ビタミンAは、レバー・卵・緑黄色野菜に多く含まれており、Bは豚肉や大豆などに、Eはサーモンやナッツなどに豊富に含まれています。


寒暖差が大きく乾燥が厳しくなるこの季節。スキンケアの基本を守って、冬を迎えても健やかな肌をキープしたいですね。

  • カウブランド無添加Instagram
  • カウブランド無添加Twitter