知る・楽しむ

Mutenkaコラム

【テーマ:美容】
冬のがさがさ唇に悩んでいませんか?
~優しくケアして、うるおいのある唇を守りましょう~

冬は肌の乾燥とともに唇も乾燥しやすくなります。しかし、リップクリームを塗っても、効果が得にくいと感じることもあるのではないでしょうか。そこで今回は、冬に唇が乾燥する理由やその対策についてご紹介します。


唇が乾燥しやすい理由のひとつは、唇は角質層が薄く、肌をしなやかに保つ皮脂をほとんど出せないので水分を失いやすいからです。唇はターンオーバーの周期が早く、軽い荒れならケアをすれば改善も早いのですが、逆に言えばケアしないとすぐがさがさになります。また冬は大気の乾燥に加え、エアコンによる乾燥もあり、唇の荒れが進みやすくなります。


唇の荒れ対策としては、リップクリームの塗り方に注意が必要です。リップクリームの効果が得にくいと感じるのは、荒れた唇皮の上に何度も塗りつけて、デリケートな唇に摩擦のダメージを与えていることが原因の場合もあります。


唇は縦に筋が入っているので、その筋に沿って縦にクリームを塗ると刺激が少ないようです。加えて、押し付けず優しく塗るのも大切。低刺激のリップクリームや口紅を使うのもおすすめです。乾燥するのでつい唇をなめてしまうこともありますが、より乾燥するので気を付けたいところです。


また、リップメイクが落ち切らず残ってしまうのも唇にはよくありません。できれば洗顔料で落ちるリップメイクが理想的です。そして洗顔料も唇に優しいものがいいですね。


また、リップメイクが落ち切らず残ってしまうのも唇にはよくありません。できれば洗顔汚れだけを落としてうるおいを残すタイプがおすすめ。リップクリームを塗った後、ラップをして蒸しタオルでパックするのも効果的です。


唇が荒れているときは、辛いものや酸味の強いものなど、刺激のある食べ物を避けるのが賢明です。食後は、乾いたナプキンで拭くだけでは不十分なので、ノンアルコールのウェットティッシュで拭き取ったり、洗面所で軽く洗ったりしましょう。


そして、歯磨きをしたあとは歯磨きが唇に残らないようによくすすぎます。唇をきれいにしたら、ごしごし拭かずポンポンと押さえるように優しく拭いて、その後、すばやくリップクリームでケアしましょう。


笑顔が映える美しい唇は、女性の魅力の大きなポイントです。乾燥する冬も、毎日のお手入れでつやつやの唇をキープしましょう。